グローブの刺繍入れからオーダーメイドまで、野球用品のことなら(有)イクノ工房へ。世界に一つしかないグローブをあなたに。

誠グローブ

072-274-2289
お問い合わせフォーム
スペシャルオーダーシステム
  • ホーム
  • 誠グローブについて
  • オーダーメイド
  • 修理について
  • ご注文について
  • 納品実績
  • 会社概要
誠グローブについて

ホーム > 誠グローブについて

誠グローブについて

誠グローブについて

「守備力の低下 × グラブの関係」

最近多くの選手のグローブに対するこだわりに疑問を感じます。
購入するグローブを、販売店で型を付けて貰って購入するのが、当たり前のようになっています。

長年、多くの選手に接してきましたが、30年程前の選手は、本人が時間をかけて自分の型を作るのが当たり前でした。「これで飯を食ってるのやから、人に任せてエラーしたら悔いがのこる。」

その通りだと思います。

その頃から、人工芝の普及やバット、ボールの影響で打球が早くなり最近は、ボールを確実に入れる事が重視されたグローブが大半です。
私自身グローブは、ボールを入れる物でなく、ボールを扱えることが重要だと過去の名選手から学びました。

しかし、今のグローブだと選手が扱えるグローブにしたくても、入れるための設計になっているグローブにその型を付けるのは無理があります。

素直、扱えるを基本に手の一部になるグローブの開発が『誠』永遠のテーマです。

生野 秀次の経歴

スポーツ用品メーカーで広島カープ、近鉄バファローズ、太平洋クラブ、南海ホークス、日本ハム、西武ライオンズを担当。そこで江夏豊さんの道具をまかされた。ある日の試合前に、江夏さんに「グラブがほしい」と頼まれ、軽量グラブを造り、望みを叶えた事もある。
1979年の日本シリーズ第7戦、近鉄VS広島「江夏豊の伝説の21球」も球場の側で見守っていた。長年勤めたスポーツ用品メーカーを退職。1997年3月に「有限会社イクノ工房」を設立。グラブ修理及びグラブの製造を手がける。2012年の韓国プロ野球の始球式で有名人が誠グラブを使用。多くの韓国プロ野球選手からオーダーを得ている。

工房のご案内

野球小僧の運営元、有限会社イクノ工房では、長年グローブにこだわり続けた職人が、
熟練の技術でグローブ・スパイクを加工しています。

ページトップ
CONTACT
  • お問い合せはこちら072-274-2289
  • お問い合わせフォーム
  • CONTENTS
  • 誠グローブについて
  • オーダーメイド
  • 修理について
  • ご注文について
  • 納品実績
  • お問い合わせ
スペシャルオーダーはこちら
  • 野球工房A27
  • ベースボール・プロショップ SHIBA SPORTS
  • ベースボールショップ ドラフト
  • SOCIAL NETWORK
  • 納品実績やお知らせはこちら
  • twitter